Jumpshare Rocks! (Droplr Is Dead!)

万葉の昔から人の世というものは有為転変ですが、なかでもファイル共有サービスは特に移り変わりの激しいものの一つではないでしょうか。これは洋の東西を問わず多くの古典・文献に見られることからも明らかです。かのヘラクレスが「今日使ったファイル共有サービスを明日使うことはできない。」と述べたことはあまりにも有名ですが、鴨長明も方丈記の冒頭で「ファイル共有サービスの流れは絶えずして、しかももとのサービスにあらず」と述べており、これは有史以来人類が目の当たりにし続けてきたファイル共有サービスというものが、古今を問わずいかに変化し、かつ次々に興亡盛衰を繰り返し、人々の生活を翻弄してきたかということの証左に他ならないと言えます。

しかし、人とファイルを共有したい、撮った写真を手軽に共有したい、というのは人類がもつ根源的のな欲求であり、この世に生を受けた我々が避けて通ることのできないものです。古来よりまた多くの偉人が完全かつ無謬のファイル共有サービスを編み出そうと奮闘し、今世紀に入りその試みは大きく加速しましたが、人類の英知をもってしても未だその目標は達成されることはなく、むしろ永遠に流転し続けることを見えざる手によって定められたかのように、現在でも毎日のように新たなサービスが泡と生まれては消えております。

というわけで、ちょっと前に意気揚々と Droplr が使いやすいぞーと記事を書いてしまったわけですが、まんまと一瞬で無料プランがサービス改悪されてしまい、特になんもすごくないファイル共有サービスの一つになってしましました。おいー!

どんな感じで変わってしまったかというと・・

旧 Droplr 現 Droplr
容量 無制限 1GB
最大ファイルサイズ 2GB 50MB
アップロード制限 無制限 20/月
データ保持期限 7日 1日

・・全然ダメです。写真アプリから写真を数枚アップロードしただけで 50MB のリミットにひっかかるので、友達と写真を共有するときはまるで使い物になりません。というわけで、またいいサービスを一から探し直しです。トホホ。ええ、ファイル共有サービスは流転するしいつまで使えるかわかりませんが、でも無いと困るものなんです。・・と思ったところでいいのが見つかりました。 Jumpshare です。

無料プランあり、 Mac アプリあり、共有メニュー対応で「写真」アプリからダイレクトでアップロード可能、 iPhone アプリあり、写真の一括ダウンロード可能、ローカルにファイル作らず、ダウンロードするのにユーザー登録不要、200種類以上のファイルがダウンロードする前にプレビュー可能、とかなり高機能です。これほどの機能を無料で使えるサービスは他に見当たりません。オススメです。

その証拠に・・下記に Jumpshare にたどり着くまでに調べた、2016年5月現在営業中のファイル共有サービスの一覧を載せておきます。いかに私がムキになって探したかがおわかりいただけるかと思います。ええ、わかってます・・どうせ一瞬で陳腐化するんですよね・・。

ちなみに自分が友達と写真を共有するとかそういうときに重視するのは、下記のような項目です。

  • 無料で使える容量がそこそこ
  • Mac アプリ完備
  • メニューバーもしくは共有メニューから手軽にアップロードするだけ
  • iPhone アプリ完備
  • 誰でもダウンロード可能
  • デスクトップで同期しない、ローカルにファイルを残さない
  • ダウンロードする前にプレビュー可能

というわけで、その項目をもとにファイル共有サービスを一覧にするとこちら。テーブルがコラムに収まってない場合は、横にスクロールできます。

Name 容量 Mac メニューバー 共有メニュー iPhone 同期しない ダウンロード プレビュー
BitTorrent Sync 無制限
Box 5GB
CloudApp 250MB
Cloudup 200GB
DragShare Dropbox
Dropbox 2GB
Dropit 5GB
Droplr 1GB
Dropmark 100MB
DropShare Amazon
G Drive 15GB
Hightail 2GB
Infinit 2GB
Jumpshare 2GB
Kibako Dropbox
Minbox 2GB
OneDrive 15GB
ownCloud Hosting
poetic.io 5GB
Send Anywhere 無制限
Sunshine 無制限
WeTransfer 2GB

死ぬほど似た様なサービスがありますが・・来年どれくらい生き残っているか興味深いところですね。しかしこんなにサービスがあるのにちゃんとしたのが1個しかないというか、見事にてんでバラバラというか、ダーツとかで機能の実装するしないを決めてるんじゃないかというか・・なんと言っていいものかわかりません。 Dropbox や Google Drive なんかの有名どころは、大抵デスクトップファイルを置いてから同期するタイプで、共有メニュー対応もしてないし軒並み全滅です。

というわけで Jumpshare がいかにサービスが充実してるかおわかりいただけたかでしょうか。ほんとに簡単で、一度インストールすればかなり手軽に写真が共有できます。また200種類ものファイルに対応したダウンロードページでのプレビューや、リアルタイムアップロード(アップロードが終わる前から URL が共有でき、 URL をもらった人はアップロード状況が確認できる)等々、後発ならではの光る機能があります。

Share Menu 対応なので、 Mac の写真アプリから写真を共有するときはたった3ステップです。

ステップ1 写真を選択する

Screen Shot 2016-05-28 001

ステップ2 Share Menu から Jumpshare を選ぶ

Screen Shot 2016-05-28 002

ステップ3 コピーされた URL を友達に送る

Screen Shot 2016-05-28 006

いやぁ簡単です。ともかく自分にフィットするものを探すのは今日び本当に大変ですね、というお話でした。お疲れさまでした。


Home » Thoughts » Jumpshare Rocks! (Droplr Is Dead!)