Betterment Screenshot

APY Comparison

TechCrunch の記事を読んでいたら、 株式や債券のファンドを組み合わせて運用し、手軽にかつ比較的良心的な手数料で Savings 口座よりは色のよい利率を提供してくれる Betterment というサービスを見つけました。

ファイナンスアプリ好きとして大変気になったので、どれくらいいいのか乱暴に計算してみました。 まだアメリカの金融サービスがよくわかってないので、理解が間違っているところがあったら指摘してもらえるのを粛々と期待しつつ、ちょっと覚え書き的にポストしてみます。

追記1:もうさっそく指摘がありましたが(笑)、E*TRADEみたいな証券会社で ETF 買うことばっか考えていて、バンガードで VTSAX 等のノーロードファンド買うという手をすっかり見過ごしてました。積み立て的にはこのやり方が最も低コストなハズです。


追記2:調べたらなんとバンガードでバンガード ETF を買う分には売買手数料無料なんですね。しかもファンドも ETF もほぼエクスペンス・レシオが同じ。ということは、自動で積み立てたい・金額をきっちり投資しないならファンド(ただし初回$10000等制限あり)、即日決済できる流動性の高さがいい、毎月手動で額を変えて積み立てたいなら ETF を選べばいいかもです。

Betterment は、ユーザーに対して投資口座を提供し、それを ETF 等々で運用します。最近のサービスらしく Web やアプリの画面は非常に見やすいです。購入できる投資商品の銘柄は全く指定できず、ユーザーが変更できるのは株券と債券の割合のみ。面白いのは手数料が年利 0.15~0.35% の運用手数料のみで、その他 Transaction Fee やリンクした銀行の Checking Account との資金移動等すべて無料のようです。定期的なリバランスも自動かつ無料のようです。そしてプラン松竹梅の松と竹では、翌日の出金も可能、となかなか便利そうです。

Betterment Screenshot

0.15~0.35% が投資するファンドのエクスペンス・レシオに上乗せでかかってくるので、潤沢に資金があって自分で証券会社で ETF を買って運用できる人にはそれほど有利そうに見えません。が、なにしろ Transaction Fee が無料なので、手持ち資金があまり無くかつ手軽に毎月少しずつ積み立てたい、等の毎回の投資で売買手数料が大きく響くようなシチュエーションではそこそこ有利かもしれません。というわけで乱暴な計算がこちら。最初から $10,000 を1年預けた場合と、初日に $1,000 預けて、1年毎月 $1,000 積み立てた場合の2通りです。

APY Fee $10,000 $1,000/mo
UnionBank Savings 0.1% 0 $10,010 $13,006
Ally Savings 0.95% 0 $10,095 $13,061
E*TRADE SPY 5.90% $9.99 + 0.06% $10,570 $13,250
Vanguard VTI 7.94% 0.06% $10,794 $13,528
Betterment Generic 4.89% 0.35% $10,454 $13,299

銀行は地元の UnionBank と利息が高い元 GM 系の Ally を例に。 E*TRADE ではアメリカ1番人気 ETF の SPY を買ったとして、10年平均から乱暴に APY を計算しました。Betterment は1年なので Stock : Bond = 20 : 80 と保守的に運用し、その場合での Betterment 出典の予想です。もちろん元本保証ではないので、変動可能性は 95% Likelihood だと $9,632 – $11,500 くらいの範囲のようです。あ、送金手数料は考慮してません。

追記3:というわけで、バンガードで VTI を購入した場合を載せてみました。 ETF なのでキリいい額で買えるとは限りませんが、たまたま $10,000 キリよく買えた、またたまたまキリよく毎月 $1,000 積み立てられた、と思いねぇ。やっぱりバンガード GJ ですね(笑)。これが日本で楽に買えないのが惜しい!ちなみに Betterment で取られる手数料は $10,000 一発で $35 、積み立てだと $23 程度です。この手数料が、口座開設の手軽さ、出金の早さ、アプリ代としてOKかかとうか、ですかね。ちなみに E*TRADE で VTI を買ったらどうか。それは単に $9.99 x 2 余計に取られるだけです。

というわけで積み立てで運用した場合は、バンガードには及びませんが、毎回手数料がかかる証券会社での運用(そんなヤツぁいないと思いますが)とどっこいどっこいのようです。かつ口座開設なんかはずいぶん手軽なので、手っ取り早く毎月小額積み立てたい場合にはむしろわりといいオプションかもです。証券会社より手軽で、銀行より有利な運用というところでしょうか。しかし web で一瞬で申し込みが済んで、数日で銀行から入金、そしていきなり運用益が出始めるのを見ると、手軽さに息を呑むばかり。そしてなにしろ Web/App の UI が素敵。

もちろん最初から潤沢な資金のある方は、ちゃんと証券会社というかバンガードで ETF を買った方が手数料の2重取り等がなくていいと思います。積み立てる場合もバンガードでノーロードのファンドを積み立てるのがもちろんベストです。ただ投資やファンド銘柄のことそこまでよくわからんけど、簡単で面倒な口座開設手続きとかなくて小額なら積み立てやってみたいなあ、という人には銀行よりはよいパフォーマンスだし悪くないかもです。つまりもっとも合理的な使い方は、 Vanguard のファンドの最小購入額 ($3000とか$10000とか) とかを積み立てるのに使って、ある程度貯まったら vanguard に移動、でしょうか。

というわけで面白いので毎月数百ドルへそくり感覚で積み立ててみようと思います。奥さんにバレてしまうと完全にへそくりではなくなるので、みなさん内密にお願いします。

このリンクから申し込むと、 referral で $25 もらえます:
Betterment


Home » Thoughts » APY Comparison